« NEW!「倶楽部LOOK」ブルース・セッション | トップページ | 今宵はBLUE HEATで »

週末のセッションを

久し振りにEDIROL R-09で録音。勿論自分の演奏内容のチェックも目的の一つ。

日曜の倶楽部ルックは、新店舗の第一回だったのでハコの鳴りを確認したくて。で、土曜日の邪夢はというと、ここ数カ月間ここでのセッション限定でストラトを弾くようにしているのですが、ストラトは7年程ご無沙汰だったので、弾き心地、音の出方等々戸惑う事が多く、恥を覚悟で毎週リハビリに努めている次第。これがまたなかなか馴染まずに、ストレスが溜まるばかり。前の週は流石に辛くなってES335を持って行ったところ、同じ事でも全然楽に表現出来て、あっ、こりゃ完全にストラトが弾けない身体になってしまった、とがっくり。

で、気を取り直してストラトで臨んだ先週のセッションをR-09で録って内容をチェックしようと思った訳ですが、聞いてみたところこれが・・・、

す、素晴らしい!

Strat誰も言ってくれないので自分で言ってしまいますが(恥)、極上のトーン!長年酷使され、ギターを弾いてない時でもウ〜〜〜って勝手に唸ってる瀕死のYAMAHA F100-112で鳴らしているとは思えません。細かい表現への反応も鋭く、一個一個の音の粒立ちも実に綺麗。コロコロ、グリグリとそして時にスゥイートな歌声(全然巧く表現出来ません)。スクイーズすれば悲鳴にもすすり泣きにもなります。あ〜、俺はストラトを弾く為に生まれて来たんだ(<-馬鹿丸出し)。

何カ月もアンプやギター側のボリューム&トーンのセッティング、ピッキングの仕方や位置、タイミング、と悩み続け結果が出なかったのに。ずっと拒絶されていたのが、いきなり抱き締められた気分です。

ここ数年、ギターに気持が入って行かないのが嫌でしょうがなかったのですが、ストラト、335共にまた気持を込めて演奏出来そうな感触が得られ、生きる支えを取り戻しつつある、そんな週末でした。

« NEW!「倶楽部LOOK」ブルース・セッション | トップページ | 今宵はBLUE HEATで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91193/12780182

この記事へのトラックバック一覧です: 週末のセッションを:

« NEW!「倶楽部LOOK」ブルース・セッション | トップページ | 今宵はBLUE HEATで »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

リンク

無料ブログはココログ