« 湘南2号 | トップページ | 千葉ブルース・フェスティバル Vol.3 »

放っておいてごめんね

060827ここ7年程はES335ばかり弾いていた為に自宅で壁の花となっていたストラト・レリック仕様。

昨日、フレットの打ち換えより戻って参りました(自転車にお金を掛けてられない理由其の1、因に其の2はヒントが画像の中に!)。早速、晩の邪夢セッションに持ち込む。いや〜良いギターだぁ。だけど、長い間放っといたのですぐに良い声で歌ってくれる程甘くはない。タッチが露骨に出るので、要練習です。

いつもの335と当然の事ながら音の出るタイミングから何から全然違うので、自分の中でのアジャストも必要。いつもより弾いてて疲れるなと思ったら、案の定2〜5弦がいつもの自分の調整より高めのバランスになってました。

本日、改めて弦高調整やPUのバランス調整等しながら弾いてみました。楽なギターではないけれど、自分が上手くなりさえすれば素晴らしい声で歌い上げてくれるであろう楽器。また1から関係を築き直そうと思います。

« 湘南2号 | トップページ | 千葉ブルース・フェスティバル Vol.3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91193/11631880

この記事へのトラックバック一覧です: 放っておいてごめんね:

« 湘南2号 | トップページ | 千葉ブルース・フェスティバル Vol.3 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

リンク

無料ブログはココログ