« 追記 Hoodoo Man Blues | トップページ | 週末 »

ミックスダウン

051202一昨日はNuttin Specialのミックスダウンの為、スタジオに行って参りました。

レコーディングした2曲の作業でしたが、遅れて到着すると順調に進んでいるらしく、1曲分のアウトラインとリズムセクションはほぼその時点で出来上がり。基本線はプロデューサーであり最大出資者であるところのバンマスの考えに沿う形で進められ、メンバーの意見も取り入れつつ(というより、各自の担当パートについてはかなり意見を尊重してもらっている)って感じかな。あまり色々な人が意見を挿んでも上手く行かないだろうと私は思い、しばしあんまんを頬張りながら傍観していたが(緊張感、薄っ!)、その内ついつい「歌にピッチチェンジャーでダブリングしてコーラス効果を加えたらどうですか」とか「左右にゆっくりパンしながらレベルを上げ下げして下さい」とか、「そこのハープ・ソロ、ぶっ壊れたラッパみたいな音にしちゃって下さい」とか好き放題言ってひんしゅくを買う(嘘、ちゃんと採用されてたように思う)。

ところが「じゃ、次はギターやりますので」と言われた途端、「あ、私全然違い分かりませんので、適当にお任せします」とめっきり情けない。唯一希望を言って微調整してもらった部分については、「調整前の音の方がずっと良い!」という集中砲火を浴び、生きる支えを失う(これも嘘、私のパートについては、もう殆ど録りっ放しの感じが良いという皆の意見だった)。自分のギターが、もっと上手く聞こえるように変わる事を期待してたのに、殆ど素のまま。いや〜、生々しいっちゃ生々しくて良いんだが。実力が・・・。う〜ん、他の皆のパートがぐっと良い感じに聞けるようになってたみたいなのが、ちょっと羨ましい。

思ってはいたものの、それ以上に大変だったレコーディング作業。当初の目標から遥かに及ばぬところで果ててしまいましたが、それでも皆が頑張って創り上げた今回の音源。青春の美しい想い出として我々の胸にひっそりとおさめようという予定でしたが、せっかくなのでたった2曲でも体裁を整えて皆様に聞いていただけるような形にしよう、とメンバー一同考えているところです。年は跨ぎますが、シングル盤リリースの節は何卒よろしくお願いいたします。

最後に、ここまでレコーディング及びミックスダウン、マスタリングにお付き合いいただいたエンジニアのA-Shu氏(イメージ画像参照)、ありがとうございました。次回があったら、またぜひよろしくお願いします。

« 追記 Hoodoo Man Blues | トップページ | 週末 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91193/7430526

この記事へのトラックバック一覧です: ミックスダウン:

« 追記 Hoodoo Man Blues | トップページ | 週末 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

リンク

無料ブログはココログ